スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<パロマ事故裁判>元社長に禁固2年求刑 「重大で悪質」と(毎日新聞)

<パロマ事故裁判>元社長に禁固2年求刑 「重大で悪質」と(毎日新聞)

 パロマ工業製湯沸かし器による一酸化炭素(CO)中毒事故の東京地裁(半田靖史裁判長)の公判で、東京地検は15日、業務上過失致死傷罪に問われた元社長、小林敏宏被告(72)に禁固2年、元品質管理部長、鎌塚渉被告(59)に同1年6月を求刑した。検察側は論告で「同様の事故で14人が死亡しながら抜本的な対策を実施しなかった過失は重大で悪質」と強調した。来月18日、弁護側が最終弁論し結審する予定。

 無罪を主張する両被告について、検察側は「『ガス事業者や経済産業省が事故防止対策を取るべきだった』と責任逃れの供述を繰り返し反省もない」と指摘。被害者の上嶋(じょうしま)浩幸さん(当時18歳)の母幸子さん(56)は法廷で「2人からお悔やみの言葉もなく、人任せの姿勢がここにも表れている。収監され命の大切さを考えてほしい」と意見陳述した。

 起訴状によると、両被告は事故対策を怠り、05年11月、東京都港区のマンションで上嶋さんをCO中毒で死亡させたなどとされる。【安高晋】

【関連ニュース】
連続不審死:35歳女を詐欺未遂で追起訴 さいたま地検
埼玉不審死:結婚詐欺容疑の女、未遂で再逮捕 容疑を否認
連続不審死:知人女を詐欺未遂で追起訴
連続不審死:別の結婚詐欺未遂容疑、女を再逮捕 埼玉県警、4回目
一酸化炭素中毒:19人がエンジンカッターの排ガス吸う?--吉備中央の工場 /岡山

プロレス魂
クメール語で日本のニュースを読む
債務整理・自己破産
クレジットカード現金化 即日
競馬情報
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。