スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岐阜県に8400万円賠償命令=妊婦死亡、病院側過失認める-名古屋地裁(時事通信)

岐阜県に8400万円賠償命令=妊婦死亡、病院側過失認める-名古屋地裁(時事通信)

 岐阜県に住む女性=当時(31)=が出産後に死亡したのは病院側の過失が原因として、女性の夫と娘ら遺族4人が、病院を運営する同県を相手に、計約1億400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、名古屋地裁であった。永野圧彦裁判長は「帝王切開後の管理に過失がなければ、女性は生存していた可能性が高い」として、同県に計約8400万円の支払いを命じた。
 女性は妊娠時の高血圧により腎臓や肝臓などに障害が生じる妊娠高血圧症候群と診断され、岐阜県総合医療センター(岐阜市)に入院。出産後に合併症を起こして死亡した。
 永野裁判長は「帝王切開後に血液検査が実施され、降圧剤が投与されていれば、妊娠高血圧症候群が重症化することもなく、合併症は起きなかった可能性がある」と述べた。 

【関連ニュース】
小児科と産婦人科、減少傾向続く=08年医療施設調査
「裁判で未解明な点多い」=弁護士ら学会に究明要望

ウズベク語日々勉強中!
下北沢ナビゲーター
債務整理・自己破産
パチンコ攻略
ネイルサロン
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。