スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔は当たり前だったこと

友達の電話番号とか平気で10人以上は記憶していた。

とか、

友達の電話番号とか平気で10人以上は記憶していた。

とか。



でもなんと言っても一番はこれ。

デジタル時計つきボールペン

ですよね。


今週末から金沢に行こうと思っています。
さっき準備の為にクレジット現金化してきました。

スポンサーサイト

中1長女に暴行 容疑、教諭を逮捕 兵庫県警(産経新聞)

 中学1年の長女(12)に暴行したとして、兵庫県警東灘署は9日、暴行容疑で、尼崎市立尼崎養護学校教諭、大仁一男容疑者(55)=神戸市東灘区森南町=を逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、9日午前0時10分ごろ、自宅で長女の両足を引っ張るなどの暴行を加えたとしている。長女は背中にかすり傷などを負っており、同署は傷害容疑でも調べる。

 東灘署によると、大仁容疑者は生活態度などについて注意した長女に口答えされたことに立腹。妻(48)が110番通報した。

 大仁容疑者はこれまでに暴行をしたことはなかったとみられるが、日ごろから妻に暴言をはくことが多いとして、妻が先月上旬に同署に相談していたという。

【関連記事】
「スーパーの試食」で飢えしのぐ…トイレ監禁“鬼畜”虐待
トイレ監禁の次男 「チャンス逃せば死んでしまう」
「一生かけて娘に償って」乳児揺さぶりの父親に有罪 大阪地裁支部
「かわいくない」と長女に熱湯 虐待で母親起訴
乳児に「頭突き」死なす、同居22歳男を逮捕 沖縄

ウアルカイシ容疑者 民主化要求姿勢 会見で再度示す(毎日新聞)
<飯塚山笠>復活40周年、「走る飾り山笠」完成 高さ7メートル超(毎日新聞)
菅首相 米大統領と電話協議 普天間、日米合意履行で一致(毎日新聞)
自民、強気 衆院解散や集中開催を要求(産経新聞)
民主参院選公約、「消費税」明記(読売新聞)

首相会見、延期(時事通信)

 首相官邸は28日、鳩山由紀夫首相が午後5時から予定していた記者会見を延期すると発表した。28日中に行うか、29日以降に先送りするのかは未定だ。 

【関連ニュース】
採用半減、閣議決定先送り=国家公務員、一部府省から異論
フリー、ネット記者10人が出席=内閣記者会が開放
首相会見、フリー記者にも開放

衝突の瞬間「ガツッ」 叫ぶ乗組員 SS元船長初公判ライブ(産経新聞)
夫婦別姓、選択肢を用意=千葉法相
ローソン子会社元専務ら逮捕へ…特別背任容疑(読売新聞)
自民、参院宮城で現職推薦へ(産経新聞)
<「アイリス」>新シリーズ、鳥取がロケ地に チョン・ウソンさん主演 (毎日新聞)

「出ると言ったことない」=政倫審への対応で小沢氏(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は24日午後、党本部で記者会見し、自らの資金管理団体をめぐる事件に絡み衆院政治倫理審査会に出席するかどうかについて、「出るとか出ないとか、一度もしゃべったことはない」と述べ、慎重な姿勢を示した。
 小沢氏は「(政倫審に出席するという)マスコミの報道が先行しているだけだ」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

<東北大>論文データ転用で助教の解雇は無効 仙台地裁(毎日新聞)
拡大防止に理解を=口蹄疫ワクチンで鳩山首相(時事通信)
小沢氏が連合と地方行脚、進退論封じの思惑も(読売新聞)
対北で閣僚に協力要請=岡田外相(時事通信)
作業服姿で堂々と切断?電線3・4km分盗難(読売新聞)

自殺3万2845人 自殺率 20、30代で最悪(産経新聞)

 平成21年の自殺者数は、前年よりも596人(1・8%)増えて3万2845人と12年連続で3万人台を記録したことが13日、警察庁のまとめ(確定値)で分かった。昭和53年の統計開始以降5番目に多い人数。

 原因・動機は、「失業」や「生活苦」が急増するとともに、「鬱病(うつびょう)」が動機判明者の約3割に上った。警察庁では「一昨年秋のリーマン・ショック以降、失業者が増加したことが自殺の背景のひとつになっているとみられる」としている。

 性別では男性が2万3472人(71・5%)、女性が9373人(28・5%)。

 原因・動機が特定できた自殺者2万4434人のうち、「経済・生活問題」が前年比13・1%増の8377人だった。具体項目では、「生活苦」が前年同期比で34・3%増の1731人、「失業」が65・3%増の1071人とそれぞれ大幅に増加した。「事業不振」も1254人いた。一方、「健康問題」を原因・動機とする自殺は1万5867人で、このうち「鬱病」が前年比7・1%増の6949人とすべての具体項目の中で最も多かった。

 年代別では50歳代が6491人で全体の19・8%を占めて最多だった。10万人当たりの自殺者数を示す「自殺率」では、20歳代が24・1、30歳代が26・2と、統計開始後の最悪を更新した。

                   ◇

 ■失業との関連、国が研究も

 「失業」と「自殺」の関係について、国が本格的な研究を始める可能性が出てきた。13日に開かれた国家公安委員会で研究の必要を説く意見が出た。今後、政府として対応するよう関係閣僚などに働きかけるという。

 警察庁の自殺者統計によると、自殺者数は昭和53年から平成9年までは2万人台で推移していた。10年に初めて3万人を突破し、その後は12年連続で3万人を超えている。

 一方、完全失業率は昭和53年から平成6年まで2%台を維持し続けたが、その後は上昇を続け、14年に5・4%を記録。その後、19年に3・9%に下降したが、21年には5・1%と再び5%を超えた。

 自殺者数と完全失業率のグラフのカーブは、昭和50年代から平成16年まではほとんど一致しており、「雇用の創出、確保が最大の自殺防止策」(政府関係者)であることをうかがわせる根拠ともなっている。

 ただ、失業率は14年のピークから19年までは5年連続で下降したにもかかわらず、同時期の自殺者数は減少することはなかった。

 自殺対策に取り組む政府関係者は「高い人数で推移する自殺者数の根底に、失業や貧困問題があることは間違いないだろう。しかし、失業率が下がった時期に自殺者数が高止まりした背景にあるものは何かを、専門家の手で分析、解明しなければ真の対策はとれない」と指摘している。

首相の沖縄再訪、17日から23日で調整(読売新聞)
徳之島3町長「平行線だから、もう会わない」(読売新聞)
iPS細胞の研究棟公開=山中教授「10年後に臨床試験を」-京都大(時事通信)
<NPT会議>日本主導で声明 被爆者、ロシアの賛同を評価(毎日新聞)
「関西広域連合」設立同意案の提出見送りへ(産経新聞)
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。